【バックパッカー向き】バンコクで宿泊するならシーロムスペースホステルへ!

1万円でタイ旅行

最近LCCも増えて、タイへ旅行する人も増えてきたかと思います。

また、欧米とは違い、近いし安くで行けるため、大掛かりな海外旅行としてではなく、「ちょっと行ってみようかな」という気持ちで行く方も多いのではないでしょうか。

    

そんな私も、2018年の夏に、往復1万円以下で航空券を購入してタイへ遊びに行った1人です。

(詳しくはこちらの記事をご参照ください。→往復1万円以下でいくタイ旅行

    

さて、せっかく物価が安いタイに来ているから良いホテルで泊まりたいと思うのも当然のこと!

けど、せっかく外国人バックパッカーも多いタイだから、いろんな国の人と交流してみたい!と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

   

    

‟まぁそうは思うけど、ガチャガチャした雰囲気はあんまり好きじゃないんだよね。”

という方もいらっしゃるでしょう。

そこでオススメさせて下さい。全部コミコミの盛りだくさんのホステルがあるんです!

   

紹介します!

「シーロム・スペースホステル」です!

    

このホステルを一言で言うと、

「夜中まで遊べる上に、色々な人との交流もできる落ち着いた格安ホステル」です。

   

    

絶対リピート確実のホステルですよ。

   

説明いらんから、さっさとどのサイトで予約したら教えてくれという方は、下の”agoda”より検索してください。アジアのホステルは、booking.comや他のサイトより、ダントツagodaがオススメです!(私は台湾や韓国もagodaでとります)

   

色々説明していく前に、私の旅日記をご覧ください。

   

ここのホステルやばい。
食パン、バター、ジャム(全て個包)オレンジジュース、牛乳までおいてるんですけど。
んなことある!?食パン1枚に牛乳頂きましたー!

―――✂――

ホステル到着したら疲れもぶっとんだ!
チョーーー上等。
コーヒー、tea、水、飲み放題。クッキーもある。オープンスペースきれい。
そしてびびることに、ホステルなのに水まわりキレイすぎ。

トイレ靴下で入れるんで?ヤバイけど!!シャワーもさ、ありえんよ。足ふきマット!?
濡れてもないけど!?何!?自分も気をつけてシャワー浴びたもん。水跳び散らかさないようにー。

     

もう、これだけで全てお分かりでしょうか。笑

要点分けて以下の順番で説明しますね。

   

1.ホステルの作り
2.共有スペース
3.寝るところ
4.トイレ・バス
5.その他サービス
6.周辺

    

   

1.シーロムスペースホステルの作り

シーロムスペースホステルはビルの2階から上(屋上まで)になります。

にぎやかな表通りから少しだけ路地に入ればすぐに入り口があります。

   

1階はエスカレーターがあり、その奥はゲイバーです。

写真はバーで歌ってたレディです(^O^)/

   

エスカレーターで2階に上がったら、すぐにフロントがあって、共有スペースがあります。

3階と4階がゲストルームになっていて、5階はルーフバーになっています。

私が行ったときは、すでにルーフバーの営業時間は終了していたんですが、夜景がとってもきれいでした。

  

   

2.シーロムスペースホステルの共有スペース

共有スペースは、かなり広いです。

大きなテーブルがあり、さらに床に座れるところもあります。

ビーズクッションを置いていたり、さらに1人席もテーブルも多めにあります。

とてもリラックスできる空間になっています。

    

また、共有スペースには、お水、紅茶、コーヒーが自由に飲めるようになっていて、さらにはクッキーも用意されています。朝はこれに牛乳、オレンジジュース、食パンが追加されます。

   

また、ラーメンも置いてくれています!

  

3.寝るところ

ここが1番大事になってきますよね、寝るところ。

ドミトリー形式になっていますが、ベッド同士はくぎられているし、カーテンがついていますので、まるでカプセルホテルです。さらに、鍵つきのロッカーも用意されています。

そして、部屋はかなりキレイで清潔ですよ。また、共有スペースから上にあがるときは土足禁止なので基本的にきれいです。

    

4.バス・トイレ

いわゆる水回り。

男女別、そして共用のバス・トイレになります。
どこホステルへ泊まるにも、みなさんが1番気になるポイントになっていると思います。

このシーロムスペースホステル、水回りが恐ろしいほど綺麗です。
私の旅日記をご覧いただければ一目瞭然でしたでしょうか。

スリッパを忘れた!と思ってもトイレに靴下で入れます。

また、シャワー室前に置かれているバスマットは濡れていませんし、シャワー室前の洗面台のところも、水も飛び散っていなければ、床が濡れていることもありません。

とにかく、かなりキレイ。

掃除係の方が、こまめに綺麗にしているのを見かけました。おそらくそのおかげもあって、使用者も、綺麗に使おうと心がけていたんだと思います。(私のように笑)

    

5.その他サービス

先に言っておきます。外部での観光ツアー等ではありません。

実は、LCC利用者特有の悩みを解決してくれるものです。

私は、LCCのピーチを利用していたため、バンコク発が、夜中でした。
真夏のバンコク、荷物を持って歩いて汗をかき、夜中のフライトに乗り込む。

こんな酷なことは嫌だ!という悩みを解決してくれます。

①荷物預かりサービスがあります。 

20時くらいまでなら無料で荷物を預かってくれます。
●時頃に取りにくるから、置いていてもいいかと聞いて下さい。快く承諾してくれます。

まぁ、ここまでは普通でしょうか。

②シャワーを無料で浴びさせてくれます。

なんとも嬉しいサービスです。
泊まった日に無理を承知で聞いたんです。

「お金は払うからシャワーを浴びていいですか」

すると、
「もちろん大丈夫よ。お金はいらないよ。もし払いたいなら、チップボックスにでも入れておいて。」

と言って、なんとバスタオルまで用意してくれようとしました。シャワーを入り終わると、別の人がフロントにいたので、事情を話し、快くチップを払って出ました。

あんなに快くシャワーを浴びていいと言われると、感謝のあまり、「チップくらい払わせて下さい!」って誰でもなるんだろうなと思いました。

    

6.周辺

シーロムスペースホステルは、実はホステルの落ち着いた雰囲気とは裏腹に、外に出ると、ショーをしてくれるゲイバーが下にあり、通りには出店があります。

また、駅からもかなり近いので、とても立地条件としても最高です。

シーロムスペースホステル周辺の駅は、さまざまな場所にアクセスしやすい駅となっているため、バンコク旅行の拠点とするにもぴったりだと思います。

私は日帰りでアユタヤにも電車で行ってきましたよ(詳しくはコチラ♪

   

   

   

   

さて、どうでしたか。

シーロムスペースホステル、これでいて、お値段もかなり安いです。安すぎるくらい安いです。

おそらく普通のビジネスホテルに泊まるくらいなら、ここの方が清潔感もあっていいと思います。カオサン通りで泊まった、屋上にプールがついたシングルのホテルよりは、シーロムスペースホステルの方がいいなと思ったくらいです。

    

シーロムスペースホステルへ宿泊する際には、AGODAが予約しやすいですので、ぜひAGODAから予約してみてください。私は次に行くときもシーロムスペースホステルはリピート決定です。

ちなみに、シーロムスペースホステルからだと、日帰り電車で行くアユタヤ旅行にもアクセスがしやすくなっていますので、ぜひ日帰りでアユタヤにも訪れてはどうでしょうか。

ツアーで行くより何倍も楽しい光景が見れると思いますよ。
(詳しくはこちらの記事へ→バンコクから日帰りで行くアユタヤ。電車の乗り方

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました