【珍仕事?】「名前のない海ぶどう屋さん」の1日のお仕事は決まっていない(笑)

Uncategorized

「名前のない海ぶどう屋さん」でお手伝いをしています、BANです。

今回は海ぶどう養殖場ってどんな1日を過ごしているの?の疑問にお答えします!

正直、屋比久のおじさんおばさんの海ぶどう養殖場の1日はかなり特殊です(笑)

他の海ぶどう養殖場との1日もこうだとは思わないようにお願いします😂

1.「名前のない海ぶどう屋さん」のお仕事

普通に疑問ですよね!
海ぶどう養殖場のお仕事なんて!!

よし、聞いてみましょう!(笑)

わるBAN
わるBAN

「名前のない海ぶどう屋さん」ってどんなお仕事してるの?

おじさん
おじさん

うーんと、色々よぉ!

とおじさんなら答えそうなところです。

屋比久さんとこの海ぶどう養殖場の仕事は、大きく分けて3つあります。

①海ぶどうを育てる

②海ぶどうの発送

③養殖場(ビニールハウス)の管理

おおまかに見ていきましょう!

①海ぶどうを育てる

海ぶどうはどうやって育てるの?

答えは簡単。他の植物と一緒です。

種を植えて、元気かなーと様子を見て、肥料を上げたり太陽との具合を調節したりします。

そして、ころあいになったら収穫です。

収穫したら、そこから商品になるものを選別します。

選別したからといってすぐ発送はできないんだよね

おじさん
おじさん

そうさ~。海ぶどうに毛が生えて元気になってから送り出さないと~

実は選別してから発送ができるまでには約1週間かかるんですよ~。

②海ぶどうの発送

海ぶどうは、県内の業者が買い付けにくることもあれば、県外へ発送することもあります。

発送は航空便会社のドライバーさんが来てくれる直前に準備します。

重さをはかって発砲スチロールに詰めています。

☟おじさんとおばさん2人で仲良く作業です。

③養殖場(ビニールハウス)の管理

以外と大変なのがこれです。養殖場の管理。

海ぶどう養殖場はビニールハウスでできています。

しかも、施設は全部おじさんの手作り!(笑)

ビニールハウスも手作りだし、海ぶどうを植える水槽も手作り、なんなら海水をひいてくるパイプやポンプだってぜ~んぶおじさんの手作りです。

これらに異変がないか、じょうぶな海ぶどうが育つようになっているかと管理をしています。

2.【完全密着!】「名前のない海ぶどう屋さん」の、とある1日

海ぶどう屋さんがどんな1日を過ごしているのか完全密着するぞ!

実は毎日の仕事はだいぶ流動的です(笑)

今回はとある1日を完全密着してみましょう!!

<午前中~>

朝7時頃、海ぶどう養殖場におじさん到着。

海ぶどうの様子を確認した後、ひたすら海を眺めます(笑)

(おじさんは海が好きなの!毎朝早く来て海を眺めているけど気にしないで!)

朝8時におばさん到着。

海ぶどうの本日発送分の梱包と発送の作業をします。

それから発送業者到着。

宜しくお願いしますと缶コーヒーと料金をドライバーさんに渡します。

その後、午前中の作業。

本日は種植えです!!

愛情をたっぷり込めての種植えです。

おじさんは海ぶどう愛がすごいので、「丁寧に!」と口すっぱく言ってきます(笑)

~お昼休憩~

いつも「伊集スーパー」でお弁当を買います。

日替わり弁当が430円!

みなさん南城市のセーファ御嶽を観光する時にはコンビニではなく伊集スーパーでお弁当を買っていってね!安いしおいしいよ~

なんなら沖縄の家庭料理まで食べられます!(ゴーヤーチャンプルーと島豆腐の厚揚げはだいたい入ってます)

<午後の作業>

収穫をします!

収穫方法はたくさんあって、包丁で海ぶどうを切る方法、直接水槽から手で刈り取る方法等々があります。

包丁で海ぶどうを切る収穫方法は、インスタグラムであげたら友達から「気持ちいい!!」と好評でした(笑)

ちなみに収穫してすぐには選別はできません。(海ぶどうちゃんが弱っちゃうので)

なので収穫後は元気になるまで別のタンクにいてもらいます。

収穫をした後はコーヒーで休憩をして…

違った、これは日本酒だった。笑
(福島県のお酒でお友達からサプライズお中元を頂きました。廃業寸前だった小さな酒屋が娘さん夫婦によって金賞受賞日本酒まで出すようになったところです。良ければ読んで見てくださいね。日本酒独特の後引く臭さがなく、綺麗な日本酒の香りがするお酒!美味しかったですよ~!!!☞喜多の華酒造

宣伝は置いといて…(笑)

コーヒーを飲んで休憩が終わったら、水槽を洗います。

水槽ももちろんおじさんの手作りなんですよ~。

  

そしてそれが終わったら(潮の満ち引きに合わせて?笑)

パイプの点検!

海へと泳ぎます。

大体は私にお願いするんですが、一緒に海に行くこともあります。

引き潮じゃないとパイプの先端へはいけません。

(引き潮の時でも大体先端までは3.5mくらいはあるんじゃないかな?)

これにて今日の作業は終了!

今日の作業はこんなものだったんですが、実は毎日作業が違います。

決まった作業のやり方はしません。

3.毎日同じパターンで仕事はしていません!理由はおじさんだから!😂

毎日同じパターンではありません。

なんなら私はいつも今日はどんな作業をするのか分かりません(笑)

わるBAN
わるBAN

おばさん、今日なにするの

おじさん
おばさん

何するんだろうね~。いつも急に言うから分からんさ~。

おじさんはいつも急にこういうことを言い出します。

「今日は木切る!」

「今日は配達に行く!」

「今日は船なおす!」

しかも、おじさんのモットーが仲良く楽しく仕事をする。らしく…

配達は一人で行かないし行かせません。

必ずみんなで車にのって配達に行きます(笑)

わるBAN
わるBAN

配達に行くからおじさんたち選別作業でもしてて!

と言っても、おじさんはこう言います。

おじさん
おじさん

ダメ!!!

おばさん曰く、おじさんはいつも配達は一人じゃ行かないそう。

私が配達に行くからおじさんたち選別作業でもしてて!と言っても

おじさん
おじさん

ダメ!

おばさん曰く、ひとりじゃ寂しいわけさ~だそうです。(これ内緒ね😂)

  

また、天候や海ぶどうの様子によっても作業が変わってきます。

おじさんはもともと海人(漁師)だったので海や天気の様子には敏感。

だから早め早めにいつも動きます。

 

<記事準備中>
「海ぶどうが日焼けしてかわいそう」ネットはったけど死ぬかと思った話

 

4.夏場の仕事は夏バテ注意!

おじさんとおばさんの海ぶどう養殖場は、手作りビニールハウス!

夏場はかなり暑いんです!!

だからマジで夏バテ注意に熱中症注意!!

おじさんとおばさんにしょっちゅう「水飲もう」「休憩してから」と言います。

みなさんも海ぶどう養殖場に遊びに来るときは、夏は超熱いので水分補給を忘れずにね!

 

わるBAN

海ぶどう、食べてみたい方はこちらからお願いします♪

購入や注文は、屋比久さんは電話とファックスでのみ受けています。(ガラケーのアナログの沖縄のおじさんなんです…)

なので、よろしければ私の方へ連絡下さい!代わりに注文しておきます!!

インスタグラムでも◎(いつでも返事できます)
メールアドレスはこちら☞jaikot1234@gmail.com

【送料込み】海ぶどうのお値段

600g☞3,500円

1kg☞4,800円

沖縄県内1kg(豊見城市近辺はお届けもしくは現地購入)☞3,200円

沖縄県内500g(豊見城市近辺がお届けもしくは現地購入)☞1,700円

<支払い方法>
銀行振込orPayPay
(PayPayですと出金手数料で+100円)

コメント

タイトルとURLをコピーしました